SEOとマーケティングを連携して売れる仕組み作りを

ウェブサイトをいかに多くの人の目に触れさせるか

SEOとは、端的に言えば自らのウェブサイトをいかに多くの人の目に触れさせるか、という戦略です。例えば個人で趣味のウェブサイトを開設しても、類例が多数あれば、見知らぬ人から閲覧してもらえる可能性は非常に低いです。しかし長期間地道に更新作業を続け、情報量が質量ともに他を圧するほど大きくなれば、いずれ日の目を見ます。他のサイトやブログの運営者からリンクの申し込みがあったり、何かと話題になる可能性があります。こうして検索順位が上がって行く場合、いわゆる無作為のSEOができ上がって行きます。 しかし商業サイトの場合、そのサイトでいくら儲けなくてはいけないか、とまで予算が組まれますから、「いずれ日の目を見ます」ではいけません。つまりそのサイトはマーケティングの役割を担っているのです。ではマーケティングとは何でしょうか。つまるところ「売れる仕組みづくり」のことです。

検索インデックス画面

そのためには検索インデックス画面で最初から上位表示される必要があります。 手法としてはHTMLやCSSに関して、重要タグにキーワードをうまくはめ込むことが必要です。そしてそのキーワードと内容とが整合しなければならないのは当然です。また商業サイトでは多くが強力なバックリンクを保持していて、ウェブ上で沢山のリンクが交錯している状態になっているはずです。そしてデザインや文章も洗練され、その仕上がりでだけでも話題になるようなレベルが必要でしょう。 ウェブサイトによるマーケティングで近年成功したSEOの使い方としては、美容脱毛業界でのアンダーヘア脱毛でしょう。まず先行して海外のセレブの間で流行、続いて日本の芸能人らが追随、この段階で話題になりますので、ウェブサイト戦略を始めます。そしてその施術後の状態があまりにも快適だとユーザーがブログや口コミサイトで評価します。「AISAS」の法則に適合もしています。

ページのトップへ戻る