SEO対策が無意味になる

サーチエンジン・オプティマイゼーション

SEOとは、サーチエンジン・オプティマイゼーションの略です。Googleで上位表示されるために考えられています。 そもそも、検索エンジンは価値ある情報を届けるためにあるので、いくら検索されやすいキーワードを並べていてもユーザーを意識して作られていないものは失敗しやすいです。 そして、サイトにペナルティが課された場合は修正するのに時間が掛かり、非効率な作業が増えてしまします。 勘違いされたままのSEO対策をすることが無意味だと気づけば、マイナス面から脱することが出来ます。 また、デレクトリ登録も同じように無意味となってきています。 ただし、知識として知っておけば役に立つこともあるので、ペナルティの基礎とともに学んでおくと無駄にはなりません。

常識はずれの施策を考え出すのは至難の業

SEO対策を全く無意味化させてしまわないために、一緒に成功事例を見ておくと参考になります。 内容のあるコンテンツを作るのはもちろんのことですが、ターゲットにする用語を絞り込む、有料広告を利用する、訪問者の意図を考える(もしくは、ヒアリングできる環境を作る)、競合サイトの状況を見極める等の方法があります。 また、似ているサイトがあったとしても真似できないユニークさを持っていると、かなりの強みになります。 ただし、他のサイトのタイトルやユーザビリティを学んでみるのは有益ですが、そこから常識はずれの施策を考え出すのは至難の業です。 時間とお金を一切かけないで、すぐに上位表示されることを考えないのが得策といえます。

ページのトップへ戻る