SEOの歴史について

ロボット型の検索エンジン

日本でSEOという言葉が広まってきたのは2003年頃で、それ以前の1997年頃にも似たようなものがありました。この当時はGoogleがまだ登場していなくて、日本国内ではロボット型の検索エンジンというとNTTレゾナンスによるgooが高精度の検索機能を持っていました。文章の書き換えにより順位の操作を行うSEOはこの頃が最も古い歴史とされています。 その後Googleの登場によりSEOは重要度が増し、世界的に必要性のあるものに変わっていきました。当初の日本国内ではSEOの専門業者はまだ少なく、最新の知識はおもに欧米からネットワークにより伝わるものでした。それからWEBに携わる業務を行う人の中で注目度が高まり対策を行う人が増えていきました。

NTTレゾナンスが開発したgoo

インターネットのページ検索でキーワードを盛り込み上位表示効果があることが判明されたのは1996年の頃とされています。当時の日本国内でロボット型の検索エンジンとして精度の高い検索機能を持っていたのはNTTレゾナンスが開発したgooで、SEOの歴史の中では最も古いものになります。 2000年に入ってから大手のYAHOOがGoogleの検索エンジンを採用するようになり、独自の検索エンジンの開発も行われ、当初のSEO業者はYAHOOに対する順位を上げる対策を行ってきました。有料登録となるYAHOOカテゴリの登録がYAHOOの対策として効果を発揮しました。 2010年にはYAHOO!JAPANがGoogleの検索エンジンを採用したことにより、SEO業者のほとんどがGoogleへの対策へとシフトしていきました。

ページのトップへ戻る