シンガポールのカジノ入場には年齢による制限があります

オンカジ最新記事のチェックを!
人気のオカダマニラベイリゾーツカジノホテルを紹介!(フィリピン)
シンガポールといえば、カジノ誘致による成功例としてメディアでも頻繁に紹介されております。同国のマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサの2つの施設は頻繁に紹介されていて、日本からも多くの観光客が訪れてるいます。シンガポールでは入場制限があり、21歳未満はカジノへの入場が禁止されているのです。入場にあたってゲート前でパスポートチェックが行われ、21歳未満であれば確実にはじかれてしまいます。実際に会場内では21歳未満の人の姿を見かけることはありません。もし何らかの方法で入ってしまったことが露見すると、10,000シンガポールドルもの罰金が科されることとなっています。

入場料は、外国人観光客の場合は無料となっています。入場のときに客の国籍や年齢が22歳以上であるかを確認するために、パスポートの提示が求められます。現地のシンガポール国民であれば、約8,000~9,000円の入場税が1回ごとに発生するのです。子供連れの場合であって大人と一緒に入場することはできません。併設されている託児所に預ける形をとります。ドレスコードは厳しくはありませんが、あまりにラフな服装は自粛するのが好ましいです。ビーチサンダルやスリッパ、ショートパンツなどは着用不可とされています。