シンガポールカジノの仕組みについて

シンガポールは日本から7時間ほどで行くことができ、近年海外旅行の人気スポットとして注目されています。シンガポールにはシンボルとして有名なマリーナベイサンズと、ユニバーサルスタジオシンガポールなどがあるセントーサ島の2つに大きなカジノがあります。マリーナベイサンズの方の特徴としては、2階が禁煙エリアであることと、ドリンクバーがあり、ソフトドリンクが飲み放題であることです。セントーサ島の方はシンガポール初のカジノであり、ここへ行くにはMRTのハーバーフロント駅からセントーサエクスプレスという電車を利用することになります。最初のウォーターフロント駅で降りると、CASINOの案内がありますので、それにしたがって行くことができます。

仕組みとしては、外国人観光客であれば入場は無料です。なのでプレイをせずに雰囲気だけ見ることも可能なのです。入場の際、パスポートの提示を求められますので、必ず持参するようにしましょう。年齢制限があり、入場できるのは21歳以上となりますので、子どもを連れて行くとはできません。ドレスコードについてはそこまで厳しくありませんので、気軽に入ることができます。また大きな荷物は持ち込みができませんので、クロークやコインロッカーを利用しましょう。シンガポールへ行った際にはぜひカジノへ足を運んでみて下さい。