シンガポールカジノのスロットはもうかるか

世界には、たくさんのカジノができる会場がありますが東南アジアで有名なところとしてはシンガポールがあります。シンガポールは英語が通用する場所ですので、英語が話せる人は気軽に行ける場所の一つになります。大富豪が住んでいる国としても知られていますので、カジノがあって当然と言えるかもしれません。まずは、オンラインカジノで練習するのもいいですね→初めての方におススメのオンラインカジノランキング

では、現地で遊ぶ場合にはどのようなところなのかを事前に知っておく必要があるでしょう。シンガポールにあるのは、大きく分けて二つのカジノになります。シンガポールの政府が公認しているものですので、安心して参加することができるでしょう。いずれも、定番のスロットゲームなどをはじめとしてさまざまなものが存在しています。スロットは基本的なゲームになりますが、料金が高いものと安いものがありますのでまずは安いもので挑戦してみて勝てそうだと感じた場合には高いものを選んでみるのがよいかもしれません。

シンガポールの中のカジノは、入場するときにお金がかかりますので注意が必要になります。入場料としては、日本円で9000円がかかるためちゅうちょする人も出てくるかもしれません。ですが、せっかく外国まで行ったのであれば一度体験をしてみるのもよいでしょう。遊ぶのが怖いと感じることもあるかもしれませんが、それならば見学しているだけでも勉強になるでしょう。スロットなどで遊べば、長時間遊ぶことができる可能性があります。ルールも日本にあるものと大して変りませんのですんなりと入り込むことができるでしょう。

種類としては、13種類ありますのでその中から好きなものを選ぶと良いです。ただ、年齢制限がありますので21歳未満の場合には入場することができません。例えば大学生の旅行で21歳未満の人たちがいく場合には誰も中に入ることができませんので注意が必要です。もし年齢に達しており入場する場合には、パスポートを必要としますので持っていくことを忘れないようにしましょう。仮に、年齢をごまかして入った場合には罰金が科されますので注意をしなければなりません。いくつかのカジノ場がある中で、それぞれ一般庶民が入りやすいところとそうでないところが存在しています。

いずれにしても、服装はラフな格好で行かずしっかりとしたドレスコードでいく必要があります。かといって、タキシードなどを着込んでいく必要はありません。そのような服装を持っていくだけでも様子が増えてしまいますので、軽くジャケットなどを羽織っていけば問題ありません。女性の場合には、ラフな格好でなければ特に問題ないでしょう。
夏場に行く場合の注意点としては、室内が非常に寒く冷房がきいているため上着を持っていくことが重要になります。カジノに参加してお金を持ち帰ることができず、風邪だけを持ち帰ってきては馬鹿みたいです。

目安としてどれぐらいのお金を持っていけばよいか気になるところですが、入場料以外にはおよそ日本円で3万円から5万円位の金を持って行けば十分に遊ぶことができます。比較的安い金額でできるのはルーレットですが、スロットなどを好んで行う人もいます。日本との文化の違いで外国ではチップを渡す国がありますが、シンガポールは特に渡さなくても問題ありません。ですが、英語圏が少しまじっている部分がありますので、チップを渡す人も少なくないです。特にどちらでも問題ありませんので、ゲームに勝って気前が良くなった場合には渡してみてもよいかもしれません。

このように、シンガポールまで行ってカジノで遊ぶこともできますが、わざわざ外国に行くのはお金がかかるだけでなく会社員などでは日程調整をしなければ休みを取ることができません。仮に休みを取れた場合でも正月休みやお盆休みそしてGWなどであれば非常に混雑が予想されます。

それならば、わざわざ外国に行かず自宅でスマートフォンを利用してカジノをしてみてもよいかもしれません。ただ、事前に知識が必要になりますので、様々なインターネットサイトを参考にしておくことが必要でしょう。中には、ここで、あっというまにオンラインカジノを学べますと言うようなところもありますが、後はその人の好みの問題になりますので、どこを使っても問題ないです。オンラインカジノを行うならば、信頼できるところを選ぶべきですが基本的にホームページなどで各自紹介しているところがあるところを選べばそれほど外れになることはありません。少なくとも、日本国外で違法になるようなことは考えにくいでしょう。

逆に、慣れていないうちはあまり出回っていない業者のものを利用すると、もしかしたら日本国内では違法になる可能性があり摘発の恐れも考えられます。単に遊んでいただけなのに警察に捕まってしまってはとばっちりもいいところです。もちろんそれを確認しなかった人の責任でもありますので、やはり初心者の場合にはいくつかのサイトで紹介されているところを選ぶのが一番無難になります。